研究推進

世界水準の優れた研究活動を促進させ大学の一層の研究力を強化するために、大学の先駆的な研究分野の拠点形成、次世代分野の育成及び基礎的・基盤的な研究の支援等を行っております。

ジャンプメニュー

外部資金の獲得学内ファンド融合研究支援プロジェクト運営英語論文サポート

外部資金の獲得

研究を進めていく上では、省庁や公的機関等からの外部資金を獲得することも重要となります。東工大URAでは、プロジェクトの企画、設計、調整、申請に関する「プレアワード業務」について次の様な支援活動を実施しております。

科研費申請支援

科研費支援(東工大・研究産学連携本部サイトへ)

科研費/2018書き方講座
科研費/2018科研費説明会
科研費/2019書き方講座

競争的資金申請支援

  • CREST
    ヒアリング練習
  • 大型プロジェクト形成支援(含むプレアワード支援)
  • AMED PRIME・AMED-CREST/2018募集
    AMED PRIME・AMED-CREST/2019募集
    JST 企業化開発・ベンチャー支援/2019START募集
    JST 産学共創/2019OPERA募集
    JST 未来社会創造/2019募集
    JST 未来社会創造/2019募集(予告)
    NEDO 先導研究プログラム/2019新技術先導研究募集
    海外/2019ヨーロッパとの国際共同研究説明会
    環境省/2019環境研究総合推進費
    総務省/2019NICT新規委託研究募集
    総務省/2019SCOPE募集
    地方自治体/2019KISTEC戦略的研究シーズ
    地方自治体/2019東京都大学研究者による事業提案

  • 新規大型競争的資金説明会
  • その他

    • 研究者からの相談に応じて行う支援
      上記以外の外部資金の公募に対しても支援を行います。ご要望のある方はお問合せよりお気軽にご相談下さい。

    学内ファンド

    東工大では長期的な視点が必要な基礎研究や若手教員の挑戦的研究など、目的に応じた様々な学内ファンドを運営しています。
    学内ファンドに応募をお考えの方で、URAの支援を希望される場合はお気軽にご相談下さい。

    融合研究支援

    各分野で素晴らしい成果を生み出されている研究者同士が連携して研究を行うことは、将来に向けた新たな学術領域の創生に繋がります。
    URAでは異分野融合研究の促進のため、研究者同士の出会いの場としてのマッチングシステムの提供や、融合研究プロジェクトの支援などを行っています。

    異分野融合の場形成/ハイブリッドマテリアルの新展開
    異分野融合の場形成/Bio has NO Border
    異分野融合の場形成/TTRF2018

    双方向web掲示板システム TokyoTech CollaboMaker

    研究者間の研究ニーズ/シーズを掲示して相互に情報を交換し、異分野連携のマッチングを行うためのシステムです。

    双方向web掲示板システム(学内限定)

    イノベーション研究推進体

    東工大における国際的研究拠点の形成基盤となるように、特定の研究課題の下、部局の組織を越えて、全学的横断組織として戦略的展開を推進することを目的として設置される東工大独自の研究組織です。

    イノベーション研究推進体

    プロジェクト運営

    プロジェクト採択後の適正な運営に関する「ポストアワード業務」について次の様な支援 活動を実施しております。

    • プロジェクト関連会議等参加及び報告
    • プロジェクト終了報告支援

    現在東工大URAが支援している大型プロジェクトの詳細については、各リンクからご覧ください。

    英語論文サポート

    本学の英語論文の量と質を向上させ、研究成果を広く世界に普及させることを目的として、英語論文作成から、学術雑誌への掲載まで、執筆のすべてのステージにわたって支援を行います。
    国際論文執筆セミナー2019
    国際論文執筆セミナー2018

    英語論文執筆者向けワークショップ

    英語での科学技術ライティング・スキルの向上を目指し、英語を母語とする講師による、学術雑誌への投稿に関するノウハウの講義や、実践的な英語論文作成に関するインタラクティブな演習を実施しています。初級者向けや中級者(経験者)向け等、レベル別に開催しています。

    出版・サイエンスコミュニケーションセミナー

    Science、Nature、IEEE等の出版社から、編集者等の出版専門者を講師として招き、論文作成やサイエンスコミュニケーションに関するセミナーを開催しています。編集者等と顔を合わせ交流できる貴重な機会です。