産学連携

産業界との連携や学術領域間の融合を進め、様々な方々とオープンにイノベーションを推進していきます。
技術相談、連携の一元的な窓口は研究・産学連携本部です。
東工大との連携を希望される方々に対し、企業や大学で知識と経験を積んだコーディネーター、URAが研究者や学内組織との橋渡しをします。
また、東工大の研究成果やアイディアを社会に役立てるため、ベンチャー企業の創出と育成を外部と連携して行います。

学術研究の協力・連携(産学連携のかたち)

大学の人財・知識、知的財産、研究施設・設備を広く活用いただけるよう各種制度を設けています。「産学連携のかたち」をお選びください。

共同研究

企業等の研究者と本学の教員が共通の課題について共同で研究を行います。

共同研究講座

企業等から共同研究費として資金を提供していただき、企業の研究者等を特任教員として受け入れて、共同で大学内に講座を設置する制度です。

受託研究

企業等からの委託を受けて本学の教員が職務の一環として研究を行います。

組織的連携制度

企業等と本学とで組織的な連携を行うための協定を結び、それに基づいて 共同研究等を行います。

研究員受入れ制度

企業等から現職の技術者や研究者を、本学の受託研究員として受入れ、研究の指導を受けていただくことができます。

学術指導

本学の教員が職務の一環として、企業等の研究開発等に対して指導(学術指導)を行います。
※ 技術指導(教員個人の兼業)については大学は関与しません

技術相談

企業等の方からの相談を受け付けています。適した大学の人財をご紹介いたします。

寄附講座

企業からの寄付金をもとに、本学が主体的に新しい講座を設置し、運営する制度です。

奨学寄附金制度

企業等や個人篤志家などから本学に寄附していただき、学術研究や教育の充実・発展のために活用する制度です。成果としての発明に関する権利を求めることは寄附金の性格上、できませんのでご注意下さい。
また、寄附していただい場合には、税制上の優遇措置があります。

産学連携会員制度

東京工業大学の研究・教育の質の向上と、その成果の企業等による活用を目的とし、産業界と密接なコミュニケーションを行いつつ、産業界・本学双方に有益な質の高いサービスを提供する制度です。
各会員企業に相当のコーディネーターを配置し、多様なご要望をワンストップでお受けいたします。始めから終わりまでフルサポートすることで適切な産学連携を実現いたします。

連携のご相談、お申し込み、手続き

産学連携のホームページ

各種制度の案内
関連資料(届出、申込様式)

教員、研究シーズをお探しの方

教員検索のページ

研究成果検索のページ

企業等との連携をお考えの方

企業等との連携をお考えの方(学内限定)

ベンチャー創出と育成

東工大の研究成果やアイディアを社会実装するため、ベンチャー企業を創出します。一定ルールの下、教員の兼業、知的財産利用時の優遇などを行います。また大学関連インキュベーションやベンチャーキャピタルと連携した取り組みを行っています。

アントレプレナーシップの醸成・実用化への橋渡し

学生スタートアップ支援

ベンチャーを目指す本学学生を対象に、アイディアを具体的な形にするためのプロトタイピングやピッチイベント等への参加費・旅費などを支援します。アントレプレナーシップの意識を高めてもらうことを目的としています。

学生スタートアップ支援

ギャップファンド

知的財産をもとにして研究成果の実用化を促進します。企業への技術移転やベンチャー創出を目的として試作品製作や追加実験のための経費を支給し、研究と実用化の橋渡しを支援します。

ギャップファンド(学内のみ)【現在準備中】

東工大発ベンチャー

東工大発ベンチャー称号授与制度

本学の研究成果又は人的資源を活用して起業されたベンチャー企業について、申請を受けて「東工大発ベンチャー」の称号を授与します。

  • 本学職員又は学生が所有する又は大学において達成した研究成果若しくは大学において習得した技術等を活用(第1号)
  • 設立した者又は設立に深く関与した者の全部若しくは一部が本学の学生(第2号)

東工大発ベンチャーへの優遇

東工大知財のライセンス条件など優遇、教員の兼業許可(設立後5年間)などを実施しています。

東工大発ベンチャー申請

東工大発ベンチャー一覧

経営支援

経営や資金調達の相談では、蔵前ベンチャー相談室、東工大横浜ベンチャープラザ(中小企業基盤整備機構)インキュベーションマネージャ、ベンチャーキャピタル、公的融資制度等を紹介します。

大学関連ベンチャーキャピタル 株式会社みらい創造機構

東工大からの技術系ベンチャー創出を促進し、大学の研究成果を社会に生かすため、みらい創造機構と組織的な連携協力に関する協定を締結しています。東工大関連ベンチャーを中心に投資するファンドを組成し投資を実行しています。

組織的連携協定プレスリリース

みらい創造機構

インキュベーション施設 東工大横浜ベンチャープラザ

東工大横浜ベンチャープラザ(通称:YVP)は、すずかけ台キャンパス内にあるインキュベーション施設です。中小企業基盤整備機構が東工大、神奈川県、横浜市と連携して、整備・運営を行っています。施設入居だけでなく、常駐するインキュベーションマネジャーがベンチャー企業の経営相談に応じています。

東工大横浜ベンチャープラザ

経営相談 蔵前ベンチャー相談室

蔵前ベンチャー相談室(通称:KVS)は、蔵前工業会会員(東京工業大学OB)がベンチャー・中小企業を支援する組織です。東工大田町キャンパス(キャンパスイノベーションセンター)で活動しています。

蔵前ベンチャー相談室

創業・起業相談 <研究・産学連携本部 ベンチャー育成担当>

大岡山キャンパスの研究・産学連携本部において、専門のURAが創業・起業に関するメンタリングを随時、行っています。また、すずかけ台キャンパスでの出張メンタリングも行います。アイディアレベルの方でもお気軽にお問い合わせ下さい。

関連支援機関

株式会社みらい創造機構

蔵前ベンチャー相談室

東工大横浜ベンチャープラザ

企業への情報発信・広報

研究成果・研究者情報の発信

研究・産学連携本部では、教員の研究成果、発明情報、開催イベント、展示会出展のお知らせや、産学連携活動報告等の情報を幅広く発信しています。

産学連携創出イベント活動

学外イベント(JST新技術説明会、イノベーションジャパン、おおた研究・開発フェア、技術交流セミナー など)、学内イベント(産学連携会員総会、リサーチフェスティバルなど)の場で、教員の研究成果・発明情報を、コーディネーター、URAが教員と一緒に企業の皆様に発信しています。

イベントへの参加をお考えの場合

イベントへの参加をお考えの場合(学内限定)

産学連携メールマガジンの発信

研究・産学連携本部では、毎月、月初めに産学連携活動、イベント案内、若手技術者の紹介、最新の研究成果、新聞搭載記事の紹介などについて編集し、企業の皆様に情報発信しています。

研究・産学連携本部メールマガジン